バイクでJMCAの認可がないマフラーが保安基準に適合するかはどこで測

バイクでJMCAの認可がないマフラーが保安基準に適合するかはどこで測定してもらえますか?
車検は先日純正マフラーで取得済みです。



色々と回答が上がっていますが回答されている皆様は御存じないのでしょうか?
ご存知の方も多いと思いますが今回の基準改正で走行中の音やガスに関する部分の考慮する必要があります。
このため簡単にはいかないとメーカーでも言われています。
バイク雑誌でも取り上げられていますがそんなに甘い物ではありません。
最近の新しいバイクでは検査場で簡単に行ける?とは思わないで下さい。
音量測定は簡単なテスターで出来ますが走行中排ガス濃度計測器一式に関しては測定機械が2億とお聞きしています。
このため 東京都 大阪府 茨城つくばの3か所しかないとお聞きしています。
当然1回の試験費用も高額です。
当社では大阪府堺市にあるこちらに持ち込みして排ガス適合検査を受けています。
バイクの場合は運輸支局で確認して指定されたモードで試験を受けて適合させる必要があります。
一回の試験費用は97200円か196560円になります。
どっちの試験を受けて合格証明書を持って行くかは運輸支局の指示に従う必要があります。
この試験ですが1回の試験費用です。
合格できないと再度同じ金額が必要です。
皆さん適当に簡単に考えておられますがそんなに甘くないと思って下さい。
当社ではディーゼル車やガソリン車の外気ガス規制をクリアさせています。
その都度、こちらでガス検を受けていますが一度の試験費用だけで240000円程がかかります。
バイクの同じで点火時期、噴射量、触媒、カムシャフトオーバーラップなど細部を見直してクリアできる数値まで下げて行かないと厳しいと思います。
だからバイクメーカーも今回の基準に適合させるのが難しく継続生産を断念した車両が多くラインアップから消えました。
マフラーメーカーも同様です。
今回の基準見直しで簡単には適合できなくなり試行錯誤されています。
簡単に検査場で行出来るというような回答は御自重下さい。
結構な金額になりますのでご質問内容に関しては割に合わないと思います。
アイドリング時だけのCO HCであれば検査場でも計測できますが走行時の計測が出きるのは上記3箇所のみです。
デタラメで質問者様をふりまわさないようにしてあげて下さい。
>>バイクでJMCAの認可がないマフラーが保安基準に適合するかはどこで測定してもらえますか?
大阪 東京 茨城 の3か所です。
費用は運輸支局で聞いた試験モードによりますが1度でクリアできれば
97200円か196560円+改造、調整費用、他諸費用になります。
割に合いません。
適合品を購入してつけて下さい。

◆現行モデルはJMCAって言うのかな?それの証明書が必要でAと言うバイクで登録したら次から証明書が再使用出来なくなり、中古で買ってBと言うバイクに着けても車検は取れません。
新品のマフラーに付いて居る書類は1度しか使え無くなって居ると聞きました。
ハーレー乗りの爆音が原因だとか?噂ですが。
◆ご自身でJMCAと書いてます。
これは基準などを定めているものではなくて性能確認を行なった機関の略称です。他にもJARI、JQR、JATA等があります。
交換用マフラー事前認証制度
年式によって適用となる基準が違います。必ずしもJMCAのお墨付きがいるわけではありません。最近のバイクの話であれば認証マークやプレートが必須です。費用面からいって諦めた方がいいでしょう。
◆ライコでやってなかったかな。
◆なんだ バイクで って。
◆車種と年式によります。以下を読めばわかります。
大体2000年~2010年3月31日までが製造のバイクのマフラー
2010年4月1日以降製造のバイクのマフラー
私はここでお世話になりました。